2011年09月08日

第7回お話会はありがたや2階で。

7月29日(金)
 「まちかどステーション・南栄」は渥美線南栄駅から東へ歩いて1分、南栄町公民館前にあります。2階建て和風の家で、元おもちゃ屋さん(空き店舗)をお借りしています。
 豊橋市制100周年の2006年(平成18年)に学生さんたちが開いた駄菓子屋「だがしろう」を応援したことから、活動後も「開き店舗」を引き受け、今日に至っています。
 1階は「ありがたや」と屋号がついていて、NPOまんまの子育てステーションとしても使われてきましたが、今年はまどか文庫が「主」です。
 まどか文庫を開いた40年前を重ねながら、毎週木曜日午後3時~5時まで、子どもたちと一緒に本を読んだり、おしゃべりしながら過ごしています。
 40周年記念として取り組んでいる毎月1回のお話会を今夜はまちかどステーション南栄の2階で開くことになりました。語り手も入れて総勢11名。まどか文庫のお話会に初めて参加したお母さんと小学生ふたりも駆けつけてくれましたので、2回にわけて語りました。
  楽しんだお話:とうふとこんにゃく  フォクス氏  とろかし草 世界でいちばんきれいな声         エパミナンダス  おどる骸骨

 ★8月お話会はお休みです。
 ☆9月お話会は、いつもの「茶民カフェ」(花園町)で9月22日(木)午後7時~。
   お話は「山にさらわれた人の娘」(30分)など、どうぞお楽しみに。

第7回お話会 第7回お話会


posted by まどか | コメント (0) | お話会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。