2011年10月01日

パントマイム公演ご来場に感謝します。

 9月30日(金)朝9時。豊橋市民文化会館ホールで準備開始。心配していた空模様も、パラパラの一時雨で済み、午後6時半開場となりました。
 幕が上がるとすぐに松井朝子さんのパントマイムが始まりました。広々としていた舞台が、一歩、一振りごとに、朝子さんの世界に変わって行きます。一人の存在が、なんと大きく見えたことでしょうか。私はその瞬間、今日の公演の成功、間違いなしと確信しました。
 スタイルのパントマイム「綱引き」「自転車」「壁」「風船」のあと、休憩。第2部はきものマイム。「凧」「花火」「独楽」「夕やけ」は音楽と光とパントマイムで構成されていました。続くトークと創作「戦争と平和」では、えほんの思い出が初めに語られ、会場と一体になった「豊橋マイム時間」を終えました。
 たくさんの方がアンケートに感想を書いて下さいました。参加された皆さんのメールがまどか文庫のパソコンにも次々に届きます。語っても語っても語り尽くせない「松井朝子パントマイム公演」への思い。皆さんのパントマイムに寄せる「ことば」を、記念誌にまとめることを考えています。当日の写真とともに、ゆっくりご紹介もさせていただく予定です。
 私たちは昨年、パントマイム公演を決定した時には、ホールの全席を埋め尽くしたいと考えていました。3.11以降、こうした行事の取り組みが難行している状況の中で、しかも8月の夏休みを含む短期間の取り組みとなり、目標を300人と決めました。そして9月に入ってから、取り組みが本格化しました。直前まで、心をこめて、お誘いを続けました。
 ご遠方から多くの方のご来場もありました。300人余の皆さんがチケットを手にされるまでには、その何倍もの働きかけを、応援下さる皆様が、それぞれに、一生懸命に取り組んで下さいました。お仕事の都合で終演後になっても駆け付けて下さった方、参加できない分、多くの方に声をかけ続けて下さっ方々……と、チケット一枚一枚にはドラマがありました。本当にありがとうございました。実行委員会の皆さんをはじめとして、当日の運営に担当下さった方々を含めた30名の皆さんの心が一つになって、今日の公演が成功へと導かれたことに感謝します。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。