2011年10月06日

10月6日文庫日一緒に詩「ぞうさん」を読みました。

 今日のお客様は小学生3名。大人は担当の私たち3名と引率のおばあちゃん。9月のにぎわいがうそのようと、ミニ松さん。今日は栄小学校の授業参観があったので、子どもたちの多くは同伴下校。私は1カ月ぶりの当番です。「ぞうさん」の絵本をいっぱい読みたいと思って、まどか文庫の書庫から持ち出した本と図書館から借りた新しい本の中から読みました。
 12月は詩の朗読会が2回あります。さっそく二人の小学生が「丸山薫」詩集を読む会に参加してくれることになりましたので、今日は、まどみちお詩集「ぞうさん」を、一緒に声を出して読みあいました。大人も子どもも全員が、声を出して過ごした2時間。秋の日のなんと短いこと!
 東北の被災地で子どもの図書室の実現に向けて取り組まれている方から、「ひとりの子どものひとつの笑顔をつみ重ねていく」試みの大切さを伝えるお便りをいただきました。とっても励まされました。まどか文庫40周年記念の年、改めて、一人・一冊に心を込めて、一歩一日を楽しんでいきたいと思います。
 


posted by まどか | コメント (0) | 文庫日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。