2011年10月22日

赤い花と「ピアノ調律師」

10月18日(火)
 まどか文庫を開設当初から応援下さっている方のお見舞いに出かけました。お花を届けるのは初めてです。駅の花やさんで、まっかな花を求めました。その方の趣味はピアノです。出かける時、何気なく目に入った本を本棚から持って出ました。列車の中で読み始めた「ピアノ調律師」M.B.ゴフスタイン作(すえもりブックス)。お花と一緒に、その本も置いてくることにしました。
 じんわりと伝わってくる、この本の魅力。もともとの英語の本のタイトルは”Two Piano Tuners”。Twoとは、主人公の孫娘と調律師のおじいちゃんのふたり。ぐいぐい引き込まれます。すぐに誰かに読んでもらいたいと思ったからです。
 (この本は、豊橋市中央図書館から、借りることができます。)
赤い花と「ピアノ調律師」


posted by まどか | コメント (0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。