2011年12月08日

8日誕生日の歌。

12月8日。雨。冷えます。
 文庫時間に私は1時間遅刻しました。子どもたちは延々と紙芝居を読み続けていた様子。ビー玉遊びの男の子二人。そして、懐かしい〜〜〜!もと文庫仲間の姿。近所の教会に新しく赴任された牧師さんとご一緒に、クリスマス会のお誘いに来て下さっていました。
 昔の文庫の時間が流れています。誰もが楽しんでいる時間が。と、紙芝居舞台の後ろで突然、言い合いが始まりました。仲良し二人組です。紙芝居の読み合いの順番を巡り、目に涙を湛え、しっかり自分の考えを主張するこっちゃん。ミニ松さんがさりげなくサポート。自然に収まりました。
 オルガンの前では、迷伴奏に合わせて、次々に歌が始まりました。お誕生日の歌も歌ってもらいました。あ〜ちゃんが、元気よく「しあわせなら てをたたこう」を歌いだしました。おや、おや、これは今年4月、替え歌で応援歌を作ったときの歌詞ではありませんか。これには、びっくりです。
 今月10日の図書館まつりと17日の詩人の会で詩の朗読をすることになっているヒデ君。みんなの前で「電信柱」(丸山薫)の練習です。詩を書き写した紙を見なくてもできました。当日が楽しみです。
 今日から私は前期高齢者。ケーキの代わりに、ミニ松さんの畑のさつまいもをおやつに頂き、今日の文庫はおしまいです。
 


posted by まどか | コメント (0) | 文庫日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。