2012年02月03日

雪の日の文庫

2月2日(木)
 先週はうっかり私が文庫のシャッターの鍵を、決まった場所に掛け忘れて外出。とうとう文庫を開けず、急にお休みして、ご迷惑をかけました。文庫日を楽しみにして、寒い中をやってきて下さった皆さん、本当にごめんなさい。
 そして今日まで、1週間があっという間でした。いつもお世話下さるミニ松さんが3時に文庫へ。そして、花園さんも電車に乗って来て下さいました。私はおしまいの30分ちょっとのぞいただけでした。先週のお詫びをしなくてはと思って。
 元気な小学生は、ミニ玉突きで遊んでいます。常連さんに混じって、私が初めて会う子どもたちもいました。豆まきの鬼のお面が出来上がっています。早く帰った子どもたちの作品の、かわいらしい鬼さんも。
 「この頃朗読していない」というみーちゃんの言葉をミニ松さんがキャッチ。「そうだね」と応じていました。文庫終了の5時直前に、絵本「わすれられないおくりもの」を読みました。5時を越えてしまい、時間通りに済ませたい子からは「おしまい」の催促。急に算数と国語の宿題を始める兄弟も。
 今日の文庫のおしまいをミニ松さんにお願いして、私は花園さんと渥美線に乗りました。まち中からこうして毎週、子どもたちと過ごすことを楽しみに通って下さる花園さんは「子どもたちの純真な心に触れることが喜び」とおっしゃいます。
 寒さは厳しいのですが、文庫の子どもたちが通う小学校のインフルエンザは、去年ほどではないとのこと、今朝の雪は早々と溶けました。


posted by まどか | コメント (0) | 文庫日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。