2012年07月22日

子どものいのちと人権を考える集い(2)池田信子さん

7月21日(土)10時〜12時 豊橋市生活家庭館第1会議室
   テーマ:「気になる子ども」を支援に結びつけるためのシステムに関する考察
      ー乳幼児期に子育て支援の現場から専門的支援につなげるために必要なことー
   講師:日本福祉大学社会福祉学専攻修士課程2年 池田信子さん
   資料:同上のテーマの中間報告書/「発達障碍」ブームと発達障害を取り巻く環境のはざまで・・・
(NPO法人ほがらか代表 池田信子)/「子ども・子育てビジョン」(平成22年1月29日)
   参加者:5名(うち1名はゼロ歳児)
20120721池田講座.jpg 池田講座

池田講座 池田講座
 学校におけるいじめで命を落とす子どもたちの問題が、連日、新聞紙上で取り上げられています。今日の集いでは、育てにくい・育ちにくい個性を持った子どもを介して、家庭・学校・地域において子どもの人権を考えるきっかけとなった事例を学びました。
 参加者4名は、地域の子育て支援活動に加え、私たちの「直前」の呼びかけで参加下さったCAP、子ども連れのお母さんでした。市内で生産された無農薬茶を使ったケーキと紅茶を頂きながら、和やかに交流。あっという間の2時間は、参加者の経験談をはじめ、今後の子育て支援と生活家庭館の役割についても話し合う機会となりました。
 池田さんは、ご自身の子ども時代、子育て期がとても楽しかった、もう一度やりたい!とまず、話されました。幼稚園教諭のお仕事を始めとして、これまでの経験と実践にさらに研究が加わる多忙な毎日、NOP法人ほがらかの代表をはじめ、保育専門学校、市民館等の子育て講師など、多方面でご活躍中です。また、特別支援連絡協議会の東三河地区の保護者代表として、平成16年から今も委員を続けていらっしゃいます。
 お話しの中で「いじめ」の場面を活かして、家庭・学校・地域社会を構成する子どもと大人が、ともに健全に育つ機会を持つことになった事例が心に残りました。障害を持つ子どもたちを支える健全な子どもたちの存在の重要性について気付かせていただき、今、まさに、必要な視点と確信しました。 
 レジュメにあった「家庭内の子育て機能が、量的にも質的にも弱まっている。」ことも心に残りました。私たちが取り組んでいる地域互助子育て支援活動(ピアサポートと呼べるのではないかと最近考えています)に加え、近年試行を始めた「ホームスタート」活動に、「乳幼児の人権」の面から、今日は、新たな光を投じて頂いたことに感謝しています。
 次回は小・中学校における「人権」問題について話し合う予定です。

 ■今後の取り組みとして以下、計画しています。
第3回 8月 小中学校における人権の取り組み
第4回 9月  青年期における人権の取り組み
第5回 10月 地域における子どもの人権の課題について 
第6回 11月24日〜25日<子ども人権条約フォーラムinあいち>に参加
第7回 12月 条例づくりに関わった経験から
第8回 1月  条例づくりの現場における子ども参加
第9回 2月  条例づくりの行政の関わり/ 再「気になる子ども支援」について
第10回 3月 条例を持つまちの子どもの声を中心に
 皆様のご意見を是非、お聞かせ下さい。




 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。