2011年10月03日

9月のお話会「山にさらわれた人の娘」

 2011年9月22日(木) 19時より茶民カフェにて (参加者:17名)  
 フィンランドのお話「山にさらわれた人の娘」(ウテルダール作)を豊橋おはなしろうそくの会の多田久美子さんが語って下さいました。
 多田さんのお話は、ふわりと始まりました。引き付けられて、聞き入りました。淡々と続いた30分のお話。終わった時、深い時間の中から、ゆっくり戻る時間を大切にしました。あふれる涙が流れている間、司会の仕事を傍らにおいて、そのまま、時に身を任せて過ごしました。
 幼児と小学生の子どもたちも参加した9月のお話会。ひとつのお話が30分という、初めての試みでしたが、ろうそくの会のメンバーの語りを学校で聞いた経験を持っている子どもたちでしたので、存分に楽しむ時間となりました。
 生れたばかりの赤ちゃんのベッドに、もうひとりの赤んちゃんいる!トロルと人間の間に生れた赤ちゃんが!母親はこの秘密を一人で負いながら、ふたりの赤ちゃんを受け入れ、育てる。どちらが自分の子どもで、どちらが自分の子どもでないか、わからないままに時がすぎ、子どもは成長する。何も知らない父親は、二人の子どもを、自分の子どもと思い、慈しんで育てる。
 子どもを育てるということの、喜びと戸惑い。そして、最後にすべてを受け入れていくプロセス。たくさんのことを、それぞれの年齢や経験によって楽しむことができるお話です。
 このお話を聞いて私は、心が軽くなり、心が豊かになり、心が潤うことを体験しました。「お話ひとついかがですか」と、特に、子育て中のお母さん、お父さんへのプレゼントとして、このお話を届けたいと思いました。

  
  


posted by まどか | コメント (0) | お話会

2011年10月01日

パントマイム公演ご来場に感謝します。

 9月30日(金)朝9時。豊橋市民文化会館ホールで準備開始。心配していた空模様も、パラパラの一時雨で済み、午後6時半開場となりました。
 幕が上がるとすぐに松井朝子さんのパントマイムが始まりました。広々としていた舞台が、一歩、一振りごとに、朝子さんの世界に変わって行きます。一人の存在が、なんと大きく見えたことでしょうか。私はその瞬間、今日の公演の成功、間違いなしと確信しました。
 スタイルのパントマイム「綱引き」「自転車」「壁」「風船」のあと、休憩。第2部はきものマイム。「凧」「花火」「独楽」「夕やけ」は音楽と光とパントマイムで構成されていました。続くトークと創作「戦争と平和」では、えほんの思い出が初めに語られ、会場と一体になった「豊橋マイム時間」を終えました。
 たくさんの方がアンケートに感想を書いて下さいました。参加された皆さんのメールがまどか文庫のパソコンにも次々に届きます。語っても語っても語り尽くせない「松井朝子パントマイム公演」への思い。皆さんのパントマイムに寄せる「ことば」を、記念誌にまとめることを考えています。当日の写真とともに、ゆっくりご紹介もさせていただく予定です。
 私たちは昨年、パントマイム公演を決定した時には、ホールの全席を埋め尽くしたいと考えていました。3.11以降、こうした行事の取り組みが難行している状況の中で、しかも8月の夏休みを含む短期間の取り組みとなり、目標を300人と決めました。そして9月に入ってから、取り組みが本格化しました。直前まで、心をこめて、お誘いを続けました。
 ご遠方から多くの方のご来場もありました。300人余の皆さんがチケットを手にされるまでには、その何倍もの働きかけを、応援下さる皆様が、それぞれに、一生懸命に取り組んで下さいました。お仕事の都合で終演後になっても駆け付けて下さった方、参加できない分、多くの方に声をかけ続けて下さっ方々……と、チケット一枚一枚にはドラマがありました。本当にありがとうございました。実行委員会の皆さんをはじめとして、当日の運営に担当下さった方々を含めた30名の皆さんの心が一つになって、今日の公演が成功へと導かれたことに感謝します。

2011年09月28日

いよいよパントマイム公演です。

 9月28日(水)午前10時~
 
  松井朝子 いのちを平和の喜びを伝える

 松井朝子パントマイム豊橋実行委員会の公演前の最終委員会を開催しました。10名の参加がありました。当日の流れを追い、細部にわたって詰めました。いよいよです。待ちに待った公演。
 豊橋公演の日程を決定したのは昨年でした。夏休みをはさむために、本格的な宣伝活動は7月と9月の終わりとなりましたが、皆さんの大活躍で、ここまで来ることができました。感謝でいっぱいです。今は一枚でも多くのチケットを手渡したいです。必ずや満足いただけると確信しています。
 本日の中日新聞に写真入りで紹介頂きました。 

2011年09月09日

松井朝子パントマイム東日新聞で紹介されました。

9月8日(木)
 本日の東日新聞にカラー写真付きで9月30日の松井朝子パントマイム公演のお知らせが載りました。まさに開催中の実行委員会では、PR方法について話し合っていたところでした。チケット販売が思うように進んでいません。このあたりで取り組の本格化をと、実行委員長からさまざまな提案がありました。そこへ届いた新聞記事。とってもうれしくいです。皆さんに「豊橋でパントマイム公演が行われる」ことを知っていただくよい機会になったと思います。
 今日、実行委員会で、当日配布予定のパンフレット原稿をみんなで検討しました。

 秋の空が広がり、朝夕は随分過ごしやすくなりました。これから一気にチケット販売が進みますように!
 チケットのお申し込み→090−8545−8900(渡辺)へどうぞお願いします。
松井朝子パントマイム記事

2011年09月08日

8月の文庫

 8月4日、11日、18日、25日と4回開きました。
 夏休みのため、常連さんの中でも、皆勤賞のま〜くんが自転車に乗って通ってきてくれました。「おひとりさま」文庫が2回続きました。ま〜くんと大人ふたりが、いっしょになって遊ぶのです。久しぶりのお子様タイムで私たち、早期高齢者と後期高齢者にとっても、ゆったりした文庫日をすごすことになりました。ま〜くん、ありがとね。
 <ま〜くんのこと>7月、紙芝居を読むことが大好きな子どもたちでにぎわっていた時、ま〜くん、紙芝居舞台に体を押し込み「登場」。とっても愉快だったのですが、本人のOKがとれませんので、写真をお見せすることができません。残念!

posted by まどか | コメント (0) | 文庫日

第7回お話会はありがたや2階で。

7月29日(金)
 「まちかどステーション・南栄」は渥美線南栄駅から東へ歩いて1分、南栄町公民館前にあります。2階建て和風の家で、元おもちゃ屋さん(空き店舗)をお借りしています。
 豊橋市制100周年の2006年(平成18年)に学生さんたちが開いた駄菓子屋「だがしろう」を応援したことから、活動後も「開き店舗」を引き受け、今日に至っています。
 1階は「ありがたや」と屋号がついていて、NPOまんまの子育てステーションとしても使われてきましたが、今年はまどか文庫が「主」です。
 まどか文庫を開いた40年前を重ねながら、毎週木曜日午後3時~5時まで、子どもたちと一緒に本を読んだり、おしゃべりしながら過ごしています。
 40周年記念として取り組んでいる毎月1回のお話会を今夜はまちかどステーション南栄の2階で開くことになりました。語り手も入れて総勢11名。まどか文庫のお話会に初めて参加したお母さんと小学生ふたりも駆けつけてくれましたので、2回にわけて語りました。
  楽しんだお話:とうふとこんにゃく  フォクス氏  とろかし草 世界でいちばんきれいな声         エパミナンダス  おどる骸骨

 ★8月お話会はお休みです。
 ☆9月お話会は、いつもの「茶民カフェ」(花園町)で9月22日(木)午後7時~。
   お話は「山にさらわれた人の娘」(30分)など、どうぞお楽しみに。

第7回お話会 第7回お話会

posted by まどか | コメント (0) | お話会
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。